2017年10月12日

_DSC0002 2

こちらは8月に撮った山王峠のシカの群れです。
9頭から12頭ほどの群れで、毎夜この道路を横断しては向かいの日当たりの良い集落へ出かけていました。この写真を撮った数日後、中央に映る子供が車にはねられ、死にました。

IMG_0131
(足が長いのを除けば、体はまだキツネほどの大きさでした。)

10月に入り、日の入りがいよいよ早くなってきました。森に棲むいきものたちの活動時間も早くなり、道路の帰宅ラッシュと重なる季節です。

昨夜は私の車のすぐ前に子ジカが飛び出してきました、今夜はタヌキまで飛び出しました。私は40キロのスピードだったので急ブレーキを踏む程ではありません、そして幸いに対向車線を走っていたのは法定速度を守る宅急便のトラックでした。

飯能におけるロードキルについて記録を取り始めて3年になりましたが、これからの時期の事故が多くなるようです。これには原因の一つとして子別れの時期が今だということが考えられます。親元から独り立ちしたばかりで道路の恐ろしさを知らない若い個体たちが事故に遭うことが多いように思います。

逆に、1月、2月の事故が少ないのは何故でしょう。この時期は森に挟まれる道路や坂の多い市街地は凍結することもあり、ドライバーはみんなスピードを緩めているのだと思われます。
それが原因なのだとすれば、スピードを緩めるだけで事故は防げるということになりそうです。

お年寄りや体の不自由な人に通路を譲るように、道路を横断したい野生動物たちがすぐ隣りの森に棲んでいるということを、多くの人々に伝えられたらいいのにと思いました。

今すぐに私たちに出来るロードキルの解決策、それはスピードを緩めることです。
 

2017年09月15日

IMG_0175
(バンカーではテンが2頭で追いかけっこをしていたようです、テンは陽気な足跡が多いです)

久しぶりにリスの目撃情報をもらったので、コース内をぐるりと。
私が働くゴルフ場はたしか東京ドームが2つ半すっぽり入るほどの面積。アカマツがたくさん自生していて、春が来るとマツゼミがにぎやかになります。そのうちの3割ほどがスギとヒノキというリスなら喜んで棲んでくれそうな環境なのですが、広さの割には意外に目撃情報が少ないのがリスでした。

IMG_0173

おーやってるやってる!!マツボックリの食痕が落ちていました。それもすごい量です。
コース内でリスの情報を拾う時は、いつもドサっとたくさんの量で見つかることが多いものですが、それも決まったポイントではなくいつも流動的です。去年のポイントでは全く食痕がなかったり、また全く別の場所に足跡がたくさんあったり。

IMG_0736
(この3月の西8番バンカー)

ただ、リスが現れる場所はいつもマツばかりが生えるところではなく、近くにスギ、ヒノキがまとまって群生しているような場所が多いものです。おそらく、そんなポイントを探していればいつかリスも巣を教えてくれるかもしれません。

日本に今残っている森や山も同じこと、スギ、ヒノキの植林ばかりではそこに棲むいきものたちにとっては不健康に思えます。カキやサクラ、ドングリの実る木、たくさんの樹種があってこそ健全な生態系が成り立つのだと思います。

IMG_0168
(まだ青いヤマグリ、今週末やって来る台風で落ちてしまわないといいのですが)

 

2017年08月21日

IMG_0124

雨上がりの山王峠でノウサギが轢かれました。

道路は私たちにとって無くてはならない日常となった現代、道路脇の森に棲むいきものたちにとっても道路が日常となっています。

この道路の右の森、ここは暗くて湿ったスギヒノキの森です。そして道路の左には、人間の手が入った日当たりの良い草場が広がります。
ノウサギは美味しい草を食べに出かけようとしたのかもしれません、それともキツネにでも追いかけられて思わず飛び出してしまったのかも。

「野生動物横断注意」の標識はあるけれど、いつもそこにあることに見慣れてしまって忘れられてしまっているようです。あるいは犬や猫なら可哀想だけど、野生動物なら轢かれてもしょうがないと思う人が多いのが現実でもあります。

「だってしょうがないよ、自分から飛び出してくるんだから」

という人は多いもの。けれどもそんなことは分かっているのだから、そんな風に片付ける必要はないのでは。それよりも

「悪いことをしたね、これから気をつけるからね」

と素直に言える人が増えたほうが、私は今よりももっと自然と共存できる社会に向かっていけるのだと思うのです。

ごめんなさい、ノウサギ。