2016年12月22日

_DSC0010
(去年の繁殖期の様子。樹洞の中にいるメスを出待ちするオス)

今夜は小雨が降るなか、昨夜オスたちが追いかけっこをしていた現場へ行くと・・・
明るい時間から追いかけっこを始めているでは!
この時期のオスたちは、たとえ自分が死んでも自分の遺伝子だけは生き続けることを願い必死に戦います。地面に落下する者、木に激突する者、顔に血がにじんでいる者もいます。
そしてメスは17時を過ぎた頃出巣、オスたちは競い合ってメスを追いましたが、とうとう逃げられてしまいました。

1年ぶりのこの光景、これが見たくて毎日通ったムササビの森。 
あまりのワクワク感で、1枚もシャッターを切っておりません!

明日もこのメスは同じ巣へ帰って来てくれるでしょうか。
明後日はこの繁殖期に合わせて企画したエコツアーです。参加者のみなさんと一緒にこのムササビコンテストを見上げることが出来ますように。


「いきものたちは繁殖期」ご参加のみなさま

みなさまに個メールでお伝えしましたが、開催時刻が変更となりました。
15:00〜18:30のスケジュールとなりました。
質問、メールが届いていないなど ありましたら、ご連絡ください。

2016年12月20日

cherry娘

ムササビの森は追いかけっこや、ちょっとした争いは起こるものの、まだ本格的な発情行動は見られません。なにより、巣箱の主だった娘がこの3日間行方知れずなのが気掛かりです。

それでも上の写真の美少女は毎日のように18:00を過ぎるとサクラとコナラの木へやってきては私たちにムササビの生活をみせてくれています。それは「食」のいろいろ。

「へぇー!こんな低いカシも食べてたんだ!」
「今日もサクラですかー」
「おや、昨夜からはコナラにシフトですか」 
「と思わせやはりサクラですか!」

_DSC0007 2
(フンをしながらも口から供給)

こんな惚れぼれするほどの女の子ですが、彼女を迎えに来るオスはまだ現れません。
ムササビたちはそう簡単には秘密を教えてくれないものです。


 

2016年12月12日

_DSC0010
(サクラの冬芽を食べている姿を見せてくれた奔放な方の女の子)


この土日は1月にお世話になった「トヨタの森」のみなさんと、その時のイベント「ムササビに会える森づくり」に参加された方々と飯能、青梅を歩きました。
いろいろな地域の方と地域性の違いを踏まえながらの森歩きとなり、とっても有意義な2日間を体験させていただきました。

「青梅では1週間で3頭のツキノワグマが殺されてしまってね」

「えぇ!通報しただけで殺されちゃうんですか!新潟では「気を付けてください」の放送が流れる程度ですよー」

「今年は名栗もドングリ少なかったです」

「伊豆は大量でしたよ、ドングリ」

「トヨタもたっぷりでした!」

こんな会話だけでもたくさんの情報がわかります。
他にも伊豆のタイワンリスやハリネズミ、飯能のアライグマ、新潟ではそれほどシカやイノシシは目立って増えてはいないのだとか、なんだか日本って狭い国のはずだけれど、この国の自然はものすごく多様に流動していくのだと感じました。そこは私たち人間の関わり方次第で良くもなり、悪くもなるわけですが、こうしてムササビが引き合わせてくれた方々は「良くしていく」方法を模索する人々であり、そんなみなさんとまた会える約束を交わしてお別れできた私はきっと、飯能で一番幸運な人間かもしれません。 

ムササビ、そして参加されたみなさま、本当にありがとうございました。
みなさまのアイデアやひらめきがきっとうまくいきますように!!!!!!!