2014年11月18日

_DSC0004 2


今週に入りどうもムササビの頭数が少ないな〜と思っていたのですが、昨夜フクロウが現れたと熊谷さんから連絡をもらいました。フクロウのせいなのかは分かりませんが、今夜は話を聞いたネットワークの人々がフィールドに集まってきました。
ここでフクロウに会うのは初めてなので楽しみにしていたのですが、結局憧れのあの方には会えませんでした・・・。

ムササビはというと、出巣はいつもより遅く見つかるとすぐに隠れるか逃げてしまい、やっと撮れた写真もこんなに遠い・・・、いつもと様子が違うような気がしました。
チェリーくんなんてすぐに捕まってしまいそうなくらいドジな場面をよく目にするので、また再開できるのか気になるのですが、「森のしきたり」とはそんなものなのだと思うことにしています。

私たちは野生動物を語るとき、「弱肉強食」などという言葉をよく使います。けれどもかれらを見ているとどうもそれは違うようです。
フクロウは一生のほとんどをネズミに頼っているそうです。フクロウに限らずネズミに生かされている動物はたくさん存在します。だからこそネズミはたくさん子供を産んで妊娠期間も短いのだと分かります。
ではネズミを狙ういきものがいなくなってしまったらどうでしょう。草や種子は食べ尽くされどんどん砂漠化が起こりネズミ自身が生きていけなくなってしまいます。
だからこそフクロウがいなくなってもキツネがいる、キツネがいなくなってもテンがいる、そんな風に「食物連鎖」という始めと終わりのない鎖で森の住民みんなが繋がりあって暮らしているのです。
 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字