2014年12月19日

_DSC0029

今夜ようやくムササビたちの森が騒がしくなりました。顔を見せてくれたのは5頭、来たのはおそらく6頭、繁殖期がやってきたようです。とはいえ明日からの動向を見ないと何が起こるかわからないのが森の物語です、とりあえず今夜のご報告。

今夜会えたムササビのうち2頭が出産経験のない少女でした、ひとりはいつもの耳の切れた↑の個体、もうひとりは始めて会うムササビです↓。

IMG_0045

オスたちの騒ぎは今日始まったばかりです、メスムサがまだ発情していないのを知ってのことかオスたちはメスのそばを通り過ぎてオス同士で追いかけっこやケンカを繰り広げていました、ここで脱落し死んでいくムササビもいることでしょう。
強い遺伝子を残していくこととはなんて厳しい生き方だろう、こんなかれらに対して「保護してあげる」なんて言葉は本当にそぐわないと心底思うのです。

さて、明日からどんなフォーメーションで観察すればいいのか・・・。忙しくなりそうです!


 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字