2014年09月

2014年09月25日

_DSC0116_2

今日か、明日か、と数えながら聞いていたアオバズクの声。ついに22日の朝を最後に聞こえなくなりました。
「ホッホッホッホッホ 」
最後の数日間は私が寝ている窓の近くで明け方鳴き続け、いたずらに私を起こしてくれました。家の前の街頭にはえさとなる虫たちはもう集まっていません。
あれから3日、南の国へ向かって今頃どのあたりを飛んでいるでしょう、もう着いたかな。
今年うちの近所で生まれてからたった4ヶ月なのにとっとと海を渡って暖かい国へ行ってしまったアオバズク。キミたち、ホントたくましい!!

入れ替わりに夜ごと啼きだしたのはシカたち。秋に入ると明け方はよく「キャッ、キャッ」と啼いていますが、これがだんだん「ぃ〜よ〜〜ぉ」となり、10月になれば本格的なシカの繁殖期にオスが発する「かぁい〜〜〜〜よ〜〜〜」という声に変わっていきます。とすると、今は発声訓練中なのかな?

いきものたちは、いつもいつも「よーいドン!」ですね。
さて、今年の秋はどんな面白い目に会うでしょう!!



※私メール復活しております、ご迷惑おかけしました。

 

2014年09月12日

_DSC0013

12月にムササビの繁殖期をテーマにしたエコツアーを企画しています。
とはいえ、まずメスムサの動向を調べなければツアーになりません。なるべく使いたくないライトですが、雌雄を調べるには照らすしかありません。
そこは「里山の大使」ということでムササビに協力をお願いしています。

今夜撮ってきたこの写真、まだ少女のようです。巣から出たのは18:18でした。
その後、2頭で飛んだり木に登ったりするので親子かと思ったのですが、写真を撮ってみればまだ出産未経験……、もしかするとオスに追いかけられていたのか、それともオスを縄張りから追い払っていたのか、どちらにしても面白い!ほかにも調べたいポイントもあるし、ムササビに会いに行くのはなんとも面白い!!

こうして通うごとにいつもなにかを教えてくれたり、「そんなのムササビ界では常識なんですが…」とかれらに言われてしまうようなことでも私には大発見なのです。
つくづく本や図鑑を読みあさって膨大なメモを取るよりもフィールドへ出かけるほうが何倍も何倍もかれらに近づけるような気がします。
今夜もありがとう!! 



※私事ですが、現在使っているPCにトラブルがありメールが使えません。もし送ってくれた方いましたらお返事にしばらくかかります。yahooメールは使えますので、急用はそちらをご利用ください。 

2014年09月01日

写真 1

八王子駅の地下街に「ゴミ問題」について、市内の子供たちが描いた作品がずらりと張られていました。
「リサイクルしよう!」「分別を!」と耳慣れた言葉と地球の絵や樹の絵が並ぶ地下街。

・・・けれども、この絵には立ち止まってしまいました!! 

いつかこの作者と話しが出来たら、私は夢中で聞くかもしれない。
そして、次には私のフィールドへ案内して私の話しをたくさんしたい。 
子供の心を絵に映すとは、なんとも痛快なものです。