2015年01月

2015年01月15日

IMG_0089

ゴルフ場でこんな動物の毛が散らばっているところに出会いました。なにがあったのだろう。

よく見るとそれはノウサギの毛のようです。
ノウサギはいつもキツネやテン、タカやフクロウなどに狙われているいきものです。
そこでノウサギは生き延びるために誰にも負けない走り方を考え出しました、あのチョン、チョン、パ、という足跡です。
危険を感じたノウサギの走りは本当に速いもので、まるで地面すれすれを飛ぶ鳥のようにかけていきます。 
けれども羽音も立てずに空から襲ってくるフクロウにはどうすればいいだろう。
そこで考えたノウサギは毛の抜けやすい毛皮を着ることにしたようです。間一髪でフクロウに気づくことができれば背中の毛だけを掴ませてまんまと逃げ切ることができます。

子供の頃にお姉ちゃんが着ていたウサギのコートは毛がすごく抜けて遊んでいるとよく口の中に毛が入ってきたのを思い出します。

自然界は一瞬の隙が命を左右する世界なのだと、こんな風景から教えられます。
今回はノウサギの勝ち!


IMG_0091
 

2015年01月07日

hsi-net-12new

こちらのツアーは定員となりました、ありがとうございました!

今回の主役は私たちのご近所さん「タヌキ」です。
どうしてこんな毛色なのでしょうか、その耳の形の秘密は?タヌキは目が悪いって本当?どうしてタヌキたちに疥癬症という病気が蔓延してしまったのでしょう。
森のけもの道をタヌキの目線になって歩いてみることで意外と知らなかったタヌキの世界を覗かせてもらいましょう!

2月7日(土) 12:30〜15:30  飯能市市民会館にて
大人 ¥1500 小学生以下 ¥500

メールでお申込みください、お待ちしてます〜! 

2015年01月02日

IMG_0075

あけましておめでとうございます!
去年出会った美しい皆々様、今年出会うであろうたくさんの方々、いつも楽しく私と遊んでくださる方々、本年もよろしくお願いします!

私が初詣に毎年行くのは近所の神社、ここは私が初めてムササビと出会った運命の神社です。
ここのムササビたちは葉っぱを穴あきにして食べる文化があり、ここで食痕探しをするのはとても楽しいものでした。
けれども去年の大雪がきっかけとなり、ムササビの巣木や山への中継となる大木がほとんど伐られてしまいました。 写真の小さな社の左の木にもムササビが棲んでいたのですが、巣穴より上の部分をぱっつりと伐られてしまいました。それ以来この境内にムササビが帰って来ることはなくなり、私は夏以降ここへは来ていませんでした。

それが今日、初詣に行ってみればあの懐かしい「穴あき葉っぱ」が落ちているでは!!

IMG_0072


ふたくちバージョンだってある!!!!

IMG_0073
 

帰ってきたようです、あの穴あきDNAもしっかり受け継がれたまま帰ってきてくれました。
巣穴より上を伐ったのはきっと総代の配慮なのだと、前に総代に話したことがあるからきっとそうなのだと思います。