2015年10月

2015年10月26日

_DSC0034
(トヨタの森、1番巣箱付近で出会った個体)

1月にトヨタの森で講演をされる熊谷さんの現地下見に「ムササビサーチ係」という名目で同行させていただきました。

トヨタの森では「里山のいきものに学ぶ」というテーマでムササビたちに気に入ってもらえる森作りをしようと計画をしているそうで、森のあちらこちらに巣箱があり、フクロウが子育てしたり、テンが子育てしたり、ムササビの子供が食べられたりと、普段は絶対に見ることのできない森の日常を備え付けのカメラが記録しています。

仔ムサがテンに食べられる映像はさすがに「しゅん・・・」となりましたが、いくら顔馴染みのムササビがいて、それを目の前でテンが無情にバリバリと食べていてもそれはそれ。テンにはムササビを食べる権利があるというものです。
ならば、ムササビのオスとメスが確実に出会える、繁殖率の良い森を私たち人間が残していくことが出来ればいいのではないでしょうか。

トヨタの森にはフクロウ、テン、キツネといった高次消費者たちが暮らしています。ということは、かれらの食料事情を支えるネズミやウサギたちはもっとたくさん暮らしていなければなりません。さらにそれらを支える植物や土壌生物たちはもっともっとたくさん忙しく働いてもらわなければ、森のバランスは崩れてしまいます。

これまでは里山というと、炭焼きをして文化を考えるとか、田んぼを作って昔の暮らしを体験だとか、使い古された時代錯誤なプログラムが多い中、今回の野生動物を中心に考えられた里山プロジェクトに立ち会えることをとてもとても光栄に思います。
トヨタの森のスタッフのみなさん、これからもどうぞよろしくお願いします。




 

2015年10月02日

IMG_0718

2号巣箱の様子です。
ここはもうレギュラーでムササビが使ってくれているようでなによりですが、気がついたでしょうか?
巣材の中に何やらタオルのようなものがあります。
地面へ降りて拾ってきたとでもいうのでしょうか・・・。

ムササビが巣材に使うのはスギの皮しか見たことがありませんでした、ほかのものを使っているというのも読み聞きしたこともないので、ちょっと面白い発見です。
もしムササビが留守の間、このタオルを取り出して屋根にでも置いたら、帰ってきたとき「おや?」なんて思ってまた巣の中に運ぶのでしょうか。

IMG_0594


こちらはボケてしまいましたが、留守中の1号巣箱の様子です。
軍手のようなものとタオルがありました。
最初は鳥が運んできたのかとも推測してみたのですが・・・、謎!!

今夜のムササビの森は、追いかけっこしているムササビがいました、のべ4頭。それから大サービスで頭上をフクロウが静かに飛んでくれました。
ムササビに会いに行くのは本当に面白い!