2015年04月20日

IMG_0300

冬ごもりから明け、今年初めて出会ったアナグマは残念ながらこんな姿でした。
これからの時期森のいきものたちの多くは子育て中、お父さんとお母さんが交代で、あるいはお父さんがせっせと餌探しに昼間も忙しく出かけます 。

_DSC0039

アナグマが行こうとしていた先を見るとこんな風景があります。
アナグマはなんでも食べる雑食性です、そして土堀りの名人でもあります。
こんな日当たりのいい原っぱを掘ればミミズや昆虫にありつけるかもしれません、運がよければヘビやネズミといったご馳走にもありつけるチャンスです。
そしてこの斜面を降りればその先は名栗川、河原へ出て石をひっくり返せばカエルやサワガニ、タニシなどを捕らえることもできます。
だからこそ、動物たちは命をかけてでも道路を渡らなくてはいけない理由があるのです。

_DSC0035
(今回の事故現場。こんな風に左右が開けて山と往来できる箇所での事故が多いです)

飯能には「動物横断注意」の看板は峠道や名栗など市の奥部でしか見かけません。
それも多くはないし、シカの看板ばかり。(それとてニホンジカでもない絵)
だったらいっそ飯能にしかないオリジナルの看板を作ってはどうだろう、飯能にはアーティストもいるしきっと絵本作家のCさんだって熊谷さんだって協力してくれると思うのです。。。
昆虫の看板があったってかわいいじゃない!アナグマの看板なんて日本中どこにもないかもしれない!飯能に棲んでいるいきものたちがみんな看板になったら地元の人たちだって楽しいと思うし、日本にいないシカの絵に見慣れて存在すら忘れられるよりずっと意識が持てると思うのです。
道路に横断中の足跡をスタンプするのも面白い!
観光名物にもエコツアーのバックアップにもなるのではないでしょうか?


_DSC0042


少し安心なのは、今回のアナグマはメスでしたがお腹も膨れておらず乳首も張っていませんでした。






 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字