2015年05月21日

_DSC0086

先日コゲラが巣を作っているところに出会いました。
彼は4日をかけてようやく体が全部入るほどの穴を開けました、その後も姿は見えないけれど穴の中で毎日「コンコン、コンコン」と続け、ときどきこんな風におが屑を外に吐き出します。
そして9日目のある日、ムシをくわえた彼が近くの枝で囀ると、巣穴の中から別のコゲラが顔を出しプレゼントのムシを受け取りました。
けれどもこの幹、見てのとおりキノコがはえていてもう朽ちています。
12日目の今朝、この幹は折れて落ちました。

IMG_0397

ちょうど彼が開けた入り口からポッキリ折れてしまいました。
きっと次はもっと頑丈な木に巣を作ると思います、これだけ苦労してあと一歩の所だったのだから、同じ失敗はきっとしたくはないはず。

IMG_0399

こちらは社員食堂の窓に作り始めたツバメの巣。けれども誰かがこの巣を何度も壊してしまいます。
犯人がヒトなのか、ほかのいきものなのかはまだわかりませんが。

それでもツバメは壊された同じ場所に丁寧に泥を貼り付け、その上にワラを貼って補強しています。
下に落とされた残骸を見るとその素材がよくわかります。

IMG_0400

 そんな壁、どこかで見たことありませんか?
日本の古い建築物や土蔵の壁を見ると、土壁のなかに藁が塗り込まれているのを思い出します。
いきものたちの知恵は私たち人間を含め、みんな平等のようです。

さてこのツバメたち、これからどんな作戦で巣を作っていくのか楽しみです。 

この記事へのコメント

1. Posted by くまがい   2015年05月22日 01:56
ペット屋で売っている「皿巣」を置いてやれば問題ないっす、連中は人間の近くで生きているのですから、積極的人工物を使います。

2. Posted by りさ   2015年05月22日 05:22
ありがとうございます。
このツバメ、ほかにも巣をかけられる場所はあるのですがなぜかこの場所にこだわっています。
その性格を見届けたいというのと、いったい犯人は誰なのかを知りたいので、とりあえず手を出さずに見守ろうと思っています。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字