2015年06月28日

_DSC0036
(大河原ではねられたのは美しいメスのキツネでした)

青梅環境フェスタでの講演2本立てに行ってきました。
昨日は熊谷さとしさんの「青梅の森に棲むいきものたち」でした。
エコロードという言葉、実は和製英語なのだそうで福島鳥獣保護センターの獣医さんの溝口先生が初めに使ったのだそう。今では世界共通で使われているそうですが、これって日本人が誇りに思うすばらしい技術では!

道路は今までは人間だけが使うものとして作られてきましたが、野生動物も同じ地域の住民であり、ロードキルが多いということは野生動物たちも道路を生活に取り入れて暮らしているということです。
ならば、道路を渡らなくて済む狐狸道(コリドー)を設置するとか、安全箇所まで誘導するフェンス作りとか、考えればいろいろ思いつくことはあります。
年度末になると予算の帳尻合わせにあちらこちらで道路工事が始まりますが、その分でもエコロードの設置に分けてもらうことはできないものでしょうか。

以前、ツアー中に飯能市長がやってきて「飯能を日本一の都市にします!」と挨拶されていましたが、これこそ世界に誇れる都市になりますよ、がんばれ〜市長〜!!

そして今日は野鳥の会奥多摩支部のかたによるサシバの公演。
東京ではもうほぼ営巣はしていないのだそうです、ならば埼玉もきっとそうなのだろうと悲しい憶測をしてしまいます。昔はいたのになぜ今はいないのか。
これは日本の環境問題に加えて、かれらの故郷である東南アジアでも森の伐採など、環境に変化が起きているのだそうです。

3000キロもの長い旅をして日本へやってくるサシバ、身近なツバメもハクチョウもみんな国境を自由に超え海を渡ります。
私たち人間は、隣の町のこと、隣の国のこと、一つ境界を挟むとまるで他人事のように考えてしまいます。けれども綺麗な水も汚された空気もみんなに平等に降り注ぐものです。
地球の資源を人間だけが使うのではなく、いきものたちとシェアしながら一緒に使っていこうとすることは出来ないことではないぞ?と思いました、もちろん道路も!

やはり地元の方に聞く地元のいきものの話はいいものでした、先生方お疲れさまでした。
そして講演を聴きに来られた方々にも嬉しい顔ぶれがたくさんで楽しかったです! 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字