2016年03月20日

IMG_0224

ついに今年初めて野生動物の事故現場に出会ってしまいました。日曜の明け方なんて車の通りは平日よりも遥かに少ないのに・・・。

毛皮の綺麗な健康的なオスのタヌキでした。
今頃のメスのタヌキはお腹に子供がいます。そしてタヌキはこれからの子育ての生活を夫婦で協力しながら過ごしていきます。
もしもこのタヌキにお嫁さんがいるのなら、それはこの森に身重な体の未亡人になってしまったメスのタヌキが棲んでいるということです。

子育てをひとりで行わなければならないとすれば無茶なこともしなければなりません。道路を何度も行き来したり、安易に罠にもかかってしまうかもしれません。
地元の住人にはタヌキもアナグマもキツネもアライグマもハクビシンもみんな害獣だと思い込んでいる人も多く、罠に掛かればみんな殺してしまいます。
そんな住人に「アライとハクビだけにしてくれませんか」と言ったことがあるけれど、答えは「だって放したらまた悪さするじゃないか」でした。
日本産のいきものたちが棲みにくい日本て、どういうことだろう。

タヌキを路肩へ運び、さて山へ運ぶのが近いか川へ持って行こうかとキョロキョロしていると、向かいの家からおじさんが出てきて

「後で埋めといてやるからそこ置いといていいよ、ありがとね」

なんて・・・なんてやさしい人!!!
殺す人もいるけれど、ちゃんと死んだタヌキに敬意を持って土に埋めてくれる人もいるのです。動物の事故死体となると行政に取りにきてもらってそのままゴミと一緒に焼却されるケースが多いものですが、今回のタヌキはちゃんと自分の棲む森へ環ることが出来たようです。
おじさんの気持ちがとても嬉しかった2016年最初のロードキル事件でした。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字