2016年04月24日

image

1週間ほど前からゴルフ場でノウサギの目撃情報がたくさん集まってくるようになりました。
その場所のほとんどが「カート庫の裏」。
そこは80台のゴルフカートがしまわれている場所で、お客さんが来ないところなので周りのブッシュは手付かずのままなのです。

今朝も出勤するなり「たった今、カート庫に3匹いたー!子供が2匹と母親だよあれ!」
子供のウサギは手に乗るほどの大きさだったとか。もちろんダッシュでカート庫へ。 
とは言えノウサギの体色は天才的なほどの保護色、そう簡単には見つかりません。
と、私が危険距離まで近づいてしまったようで「ガサッ」と成獣のノウサギがブッシュに飛び込む後ろ姿が見えました。
これが母親なのだとしたらこれ以上近づくのはよそう、自分の子供が危険に晒される悲しみは人間だってノウサギだって全く同じ重さなのだと思います。

image
(この中にノウサギがいるのがわかるでしょうか)

仕事が終わりカートを洗ってカート庫へしまいに行くと、またまたノウサギに会えてしまいました!(トップの写真)
今朝に出会ったノウサギとは大きさが違うので別個体のようです、それに今朝の個体は5メートルほどの距離で逃げましたが、この個体は3メートルまで許してくれました。私より草を食べるのに夢中のようで「むしゃむしゃ」とアケビの葉を食べ続けているのを10分ほど観察させてもらっていると、同僚が私を呼びに来ました。

「練習場にウサギがいるよ!!」

こんなに見れていいのでしょうか。。。。。。。。こんなに見たらもう会えないかも。。。。。。。
とりあえず練習場へ行ってみると、もうノウサギは消えていました。ちょっと安心。

image
(ひとしきり食べるとペロっとします、ノウサギの舌って結構長いのだと知りました)

たくさんの目で私にいきもの情報をくれる同僚たちに感謝です、そしてノウサギからの贈り物も。

image

コースガイドに書き込んだ目撃ポイント。
「う」=ノウサギ
「ポ」=タヌキ
「アナ」=アナグマ
三角の物体=鉄塔(のつもり)


 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字