2014年05月04日

写真


私の住む地域には河原にバーベキュー施設やキャンプ場がたくさんあり、この連休もたくさんの車がやってきます。
残念ながらマナーの良い人たちばかりではなく、ゴミをそのまま置いて帰ったり、イスやコンロ、鉄板までも置いていかれます。

仕事を終えて 家へ向かう途中、車から投げ捨てたのでしょう、道路脇に飯能にはないスーパーの袋が散乱していました。中にはまだ手をつけていない食材も見えました。
「あ〜ぁ、タヌキが出て来て轢かれちゃうよ〜」
と思いながら車を進めて30秒もしない場所でタヌキが轢かれていました。

私が通りかかったのは16時、この気温でまだハエが来ていないということはつい先程の出来事のようです。 
この道路の下は河原へ降りるケモノ道です。お腹をすかせたタヌキが臭いにつられたのでしょうか。巣穴で待っている家族がいなければいいのですが。(雌雄を確認するのを忘れてしまった!)

森のなかでも、私たち人間のゴミが混じったフンを見かける事は少なくありません。ビニール袋が丸ごと入っていたこともあります、無事でてきたから良かったけれど、ゴミを腸に詰まらせて死んでしまう野生動物もいます。 

タヌキのためフンを見て「汚い、臭い」と思う人、これがタヌキのフィールドサインか!と喜ぶ人、色々あっていいと思う、けれども、時には動物たちの悲しい抗議が込められている時もあるのです。 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字