2016年09月29日

image
(なんて美しいお尻!)

これまでズーラシアで働く方々と飯能や青梅の森を歩いたことはあったのですが、ズーラシアへ行くのは今回が初めてでとても楽しみにしていました。

まずはオカピの毛皮の美しさにウットリしてからサバンナコーナーへ。
4種混合飼育とは聞いていたけれど、実際に見るとすごい迫力。エランド、キリン、シマウマ、そしてチーターが同じフィールドで過ごしています。さすがTさんのお仕事!そしておめでとうございます!!

image

日本のコーナーはやっぱりホッとします。
本土のキツネはやっぱりカッコイイとつくづく思うものです。耳の形、脚の長さ、尻尾のボリューム感。
昔の人がキツネは「妖艶な美女」に化けると思うのも無理はないようです。だらしのない男はコロっと騙されてしまいそう。

初ズーラシアで浮かれてしまいましたが、メインは打ち合わせ。
10月23日に熊谷さとしさんのワークショップが行われますが、小学生3〜6年生限定!!
肉食動物や草食動物の頭骨を使って「食べる」というテーマで面白く動物や自分の体の仕組みがわかってしまう企画です。

「残念!」と思った大人のみなさま、大丈夫。保護者に混じって周りで見ることは出来ます、野外なので(笑)
参加したい小学生は直接ズーラシアへお申し込みください。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/details/post-182.php



 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字