2016年12月26日

PC241955
(みなさん私の未熟なガイドを真剣に聞いてくれてありがとう!)

エコツアー「いきものたちは繁殖期」無事に終えました。

熊谷さんのガイダンスはいつも分かりやすくて面白くて「なるほど!」が詰まっています。
日本に棲むいきものたちは皆、日本の四季に合わせて子育てをする。だから今がムササビの繁殖期なんだ。だからこそシカやウリ坊は木漏れ日模様なんだ。

人間は子育てに18年もかかるのだから「温かい季節に産まなければ」とはあまり思わないかもしれません。けれども森のいきものたちは栄養の高い食料に困らない春に子育てを始めたいと願うのは、かれらが長い間日本の四季と暮らしてきた歴史の知恵であり、親心なのだと思います。

森での観察では食痕やフンをみんなで探したのが楽しかった!
繁殖行動は見られなかったものの、2頭のムササビを間近で観察でき、1頭は初参加の女の子Nちゃんが見事に見つけてくれました。
そして、やっぱりいつものようにムササビが滑空すると「おおおおおおおおお!!!!!」と大歓声。
ムササビの魅力は本当に尽きない、不思議ないきものです。

これでまたムササビの魅力に取り憑かれた人が増えたようです。
こうして野生動物が意外と身近に暮らしていることを知ってもらうと、野生動物が好きになる人が増えます。好きになったら「もっと知りたい」と思うはず。そして知れば知るほどかれらの生活に何が必要なのかが見えてくるはずです。
人間はムササビの棲む木を伐ってしまったり、食料の実る森を壊してしまったりもするけれど、棲み家を失ったムササビに巣箱を掛けられるのは人間だけです。

こんな人々が増えていければ、いつかきっと森と人間社会とが共存できる時代がやってくるのだと思います。
参加者のみなさん、寒い中どうもありがとうございました!
ムササビに感謝!!

_DSC0055 2






 

この記事へのコメント

1. Posted by 岡本敏之   2017年01月09日 22:32
>ムササビ人口、上がったでしょうか

はい。ここに1名ですが確実に増えました。
12/24の観察会ではお世話になりました。
熊谷さんのガイダンスは面白く大変ためになりましたし、道々教えて頂いたフィールドサインなどの観察の仕方も大変勉強になりました。そこで早速1/7に再訪させて頂きました。まさかと思いましたがガイドしていただいた山頂の樹洞で観察することができました。
まだまだ勉強しなければなりませんが、これからも観察を続けたいと思います。ツアーがあればまた参加させていただこうと思いますのでこれからもよろしくお願いいたします。
2. Posted by りさ   2017年01月10日 10:37
岡本さま

この上なく嬉しいコメントありがとうございます!
こちらこそどうぞよろしくお願いします!
フィールドサインは季節によって様々なものが見つかります、最近はスギの花やカシの冬芽や葉っぱなどをよく食べているようです。またお越しになったとき探してみてくださいね。
あと巣箱の温度計もどうぞチェックしてみてください、上に表示されている温度のほうが高ければ中でムササビが眠っていますよ。
ツアー中はなかなかお話できませんでしたが、またお会いできるのを楽しみにしております!
3. Posted by 熊谷   2017年01月10日 19:16
岡本さん、熊谷です。
本当にうれしいコメントありがとうございます。
こういう方が一人でも増えて欲しくて観察会をしているわけでしてね、励みになります。
どうぞ私のフィールドである青梅にもおいでください、いつでも喜んでご案内します。


コメントする

名前
URL
 
  絵文字