2017年02月03日

1-1-P1040679

http://www.tokyo-zoo.net/topic/topics_detail?kind=event&inst=tama&link_num=23942


熊谷さとしさんが携わる「カワウソ研究会」が東京動物園協会と共に開催するシンポジウムが行われます。

私たち日本人はこの国にずっと暮らしてきた「ニホンカワウソ」といういきものを「絶滅」という最悪の形でかれらの繁栄を途絶えさせてしまいました。
そんな日本を反面教師として、現在カワウソの個体数を増やし続けている韓国から現場で活動されているハン・サンフン、ソンヨン先生お二人をお招きします。
そして日本からは、日頃ムササビでもお世話になっている安藤元一先生、NHK「ダーウィンが来た」のディレクター小林氏、野生生物保全センター長の藤井氏、パネルディスカッションでは「カワウソ研究会」から獣医師の前田先生が登場されます。す、、、、豪華すぎる。。。

このシンポジウム、企画打ち合わせ段階で私にずっしりと伝わってきたのは、ただの「カワウソファン」のためのものではないということ。もう2度と、これ以上野生動物を絶滅させてはいけないのだという、ストレートなメッセージが込められています。
これはきっと、「保全」という活動に取り組みたいと思う方々が参加されたら、「腑に落ちる」内容がたくさん聞けるシンポジウムになるのではないかと、きっとそうなると思います。

私にも何かお手伝いできないかとお願いしたところ、「物販コーナー長」というポストをいただきました。そこで、今日はグッズ作りのお手伝いをしてきました。

IMG_0691

それぞれに象徴的な食べ物が付いています、クマに青いドングリ、カモシカに茶色のドングリ、粋です。
オコジョのごはんはノウサギなのです!
他にも数々をご用意して物販コーナーでお待ちしております。

お申込みは2月末までです、翌日は「アクアマリンふくしま」でのエクスカーションもあります。日本にいた頃のカワウソを思い浮かべられるような展示となっています。
両日、それぞれのお申込みが必要となりますので、こちらをご覧ください。







コメントする

名前
URL
 
  絵文字