2017年04月03日

晴れて気持ちのいい今日は、昼からN寺ムササビたちのお宅をチェックに出かけてきました。
駐車場に着くなり、造園のおじさんが遠くから手を降ってくれます。

「今日は休みか〜?」

「うーん!ムササビたちに子供が産まれているか、みーにーきーたーよ〜!」

これだけでおじさんたちは私が何を始めるのか分かってくれています。

「お墓に、ニホンミツバチいるぞー!」

これは、養蜂家の魔法使いMさんに「知らせろ」の合図です。

「墓地に巣を作れば、苦情が出る前に殺虫剤をかけなければならない、ミツバチだって気の毒だ」

というおじさんの気持ちは本当に美しいと思います。
電話をして5分とたたない内にMさんが軽トラを飛ばしてやってきてくれました。
さすが魔法使い、明日の朝イチで作業に来てくれるそう。

さて巣箱のチェック。
境内の3つの巣箱はあるメスが縄張り内に治めているようで、いつも1箇所にしか入っていないのですが、今日は珍しく2箇所にムササビがいました。

駐車場
(おそらくこのムササビが新参者。駐車場巣にて)

起こしてしまいました、ごめんね!!
やっぱり夜に来ないと子供の確認は難しいようです。

山頂へ登ると、この時期日本へ渡って来るタカを観察していたカンちゃんと久しぶりの再会。
カンちゃんは私が小学校の頃から知っている近所の優しいお兄ちゃん。
先程まで私がムササビの食痕を探していた場所で、ふと羽を拾い上げました。

「フクロウの胸の羽だよ」

食痕ばかりを考えていたのか、全然気が付きませんでした。

「同じポイントなのに見ているものがそれぞれ違うんだね」

そう、これが多様性なのですよね。。。

IMG_0819
(今日見つけた食痕、コナラの春芽、この他マツグミもありました)

駐車場へ戻り車のエンジンをかけると、待っていたようにおじさんたちが小屋から顔を出しました。

「どうだったー子供!」

と言ったおじさんはいつもは「俺、動物興味ねぇもん」と言っています。それは子供の頃からさんざん飯能の自然に慣れ親しんだおじさんだからこその言葉なのは想像できます。
巣箱を掛けてからは、「今日はどこに入った?」「こないだ顔だしてたぞー」などと聞かせてくれます。

みんながみんな、自然に興味を持っていなくてもいいのです。
ただ、「この巣箱はあの人が思いを込めて掛けたものだから」とか「この巣木を伐ったらあの人が悲しむだろうな」と思ってくれるこの地元の人々、私にとっては、今日登場したこんな人々こそが、飯能の宝なのです。












 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字