2017年06月25日

_DSC0006
(今回の主人公)

ムササビの不思議な縁で出会うことが出来たTさん、今度はTさんのご両親のマンションのベランダにムササビが棲みついたとのお話。こんな面白いムササビの導きでご両親とも出会うことが出来、何度か伺っているうちに面白い写真が増えてきたので、ここでご紹介したいと思います。

初めは「室外機の裏にいるらしい」とご両親は睨んでいたので、自撮り棒で室外機裏を撮影。
IMG_0024

ほんとに居るからおもしろい!!!!
巣材も結構な量だったので、かなり前からの住人なのでしょうか。

ご両親曰く「室外機以外の場所にもいるらしい」とのことで、お父さんが調べてくれたところ、3段の引き出しの付いた物入れの下の10センチほどの隙間に巣材がありました。けれども数日の間に巣材がなくなっていたとか。どこへ移動したのだろうと思っていたら、お父さん見つけました。

IMG_0043
(どこにいるかわかりますか?木炭の下に尻尾!!)

これ以来、お母さんはベランダに出る時は「失礼しま〜す・・・」と一礼(笑)
こうしてムササビと人間の不思議な共同生活が始まったわけですが、こんなご両親が住人だからなのかムササビも安心しているような感じがします。そんな写真をお父さんが撮ってくれました。

切株170623

ときどきですが、こうして寝床から出てきてベランダでぽつりと座っていたりするそうです。

IMG_0042



何よりも私が感銘を受けたのは、お二人がムササビを歓迎していながらムササビを私物化したりペットにしようと思っていないこと。
かわいい動物を見てしまうと「飼いたい」と思うのが現代人が陥りやすいジレンマのように思うことが多いのですが、お二人はそんなことはとっくにクリアしていたこと。
「共存」てそんなに難しく考えなくてもいいのかもしれない・・・と気付かされました。

滑空170612-3
(ベランダからお出かけ。Tさん撮影)




 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字