2017年07月07日

IMG_0064 2
(ムササビ村一丁目の六号巣箱)

初めての富山へやってまいりました。ここは富山市ファミリーパークです。
念願だったムササビ村や里山郷土館、日本産の野生動物たちの施設など、たくさんのスタッフの方々に楽しく案内していただきました。
面白い裏話や納得してしまう話、現場の方の話はつくづく楽しくて気がつけば全然写真を撮っていませんでした。
数少ない一枚を。

IMG_0061

驚いたのですが、こちら野生下のモモンガの巣なのだそうです。
下の枝が組まれている部分は鳥が作ったもの、その鳥の古巣の上にモモンガがスギ皮で屋根を作ったものでした。実際に子育てが行われていたのが観察されていたのですが、ある日この上に雪が積もり、モモンガは引っ越したのだそうです。すごい〜、またひとつ視野を広げることができました。

郷土館では照明の工夫がされていて夜行性のいきものたちが活発に動いていました。
スタッフ手作りの妖怪のポスターが暗闇に浮き上がり素晴らしい作品となっています。
「これが昔の日本人の自然観なのだろうね」とM飼育課長、ん〜妖怪って面白い・・・。

安藤先生の研究室出身のOさん、いきものが大好きでちょっぴり人より手が遅いKさん、コーヒーを飲みながらムササビの話を聞かせてくれたIさん、みなさん試験頑張ってくださいね。

14歳という高齢のシンリンオオカミのサスケ、この日は日陰でずっと眠っていたのですが、立ち上がるのもよろけてしまうほど足腰が弱くなっているのだそう。

「この夏、無事に越せるかな・・・」

石原園長がボソっとつぶやいていました。
これまでの人生を日本の動物園に貢献してきてくれた「サスケ」、どうぞみなさまファミリーパークへ会いに行ってみてください、本当に美しいオオカミでした。

その後は、熊谷さん、山本名誉園長、石原園長、M飼育課長と夜の町へ。
そのまた次の日はムササビ仲間のIさんとおRとの楽しくて美味しすぎる魚津。
この部分はもうほとんど自慢話なので写真だけにして、また次回。

IMG_0058
(富山2軒目にて)

IMG_0067
(冬来たらもっとすごいわよ〜とママ。世界一美味しい魚津)


今回お会いしたみなさん、本当に素晴らしい旅となりました、ありがとうございました!!!











コメントする

名前
URL
 
  絵文字