2017年08月13日

_DSC0036

ここはN寺の親子とヘルパーが棲む界隈。
メスは100m✕100mの縄張りを持つと言われています、そうするとここはお母さんのシマということになるのですが、それはどこまで厳密なのでしょうか。

2号

彼は親子の巣箱から20mほどの巣箱にこっそりとお泊り、出巣はなんとも素早く、親子の巣箱とは反対方向へ出かけて行きました。
また別の巣穴では、それまで親子が使っていた巣穴にオスが一週間ほど寝泊まりしていることもありました。
昨夜はこんな出来事が。

_DSC0049


メスが出かけていった後の巣箱へオスがやってきました。

_DSC0042

丹念にアゴをスリスリ、入り口をガリガリと齧ったり、

_DSC0040 2

中へ入ってすぐ出たり、

_DSC0046

上からおしっこをかけているのか、ただしているだけなのか。。。

きっと森の中はメスの縄張りだらけなのでしょう、オスたちは彼女たちとの距離を保ちつつ、様子を伺いながら、メスたちの合間を漂うように暮らしているのかもしれません。




コメントする

名前
URL
 
  絵文字