動物園

2017年07月07日

IMG_0064 2
(ムササビ村一丁目の六号巣箱)

初めての富山へやってまいりました。ここは富山市ファミリーパークです。
念願だったムササビ村や里山郷土館、日本産の野生動物たちの施設など、たくさんのスタッフの方々に楽しく案内していただきました。
面白い裏話や納得してしまう話、現場の方の話はつくづく楽しくて気がつけば全然写真を撮っていませんでした。
数少ない一枚を。

IMG_0061

驚いたのですが、こちら野生下のモモンガの巣なのだそうです。
下の枝が組まれている部分は鳥が作ったもの、その鳥の古巣の上にモモンガがスギ皮で屋根を作ったものでした。実際に子育てが行われていたのが観察されていたのですが、ある日この上に雪が積もり、モモンガは引っ越したのだそうです。すごい〜、またひとつ視野を広げることができました。

郷土館では照明の工夫がされていて夜行性のいきものたちが活発に動いていました。
スタッフ手作りの妖怪のポスターが暗闇に浮き上がり素晴らしい作品となっています。
「これが昔の日本人の自然観なのだろうね」とM飼育課長、ん〜妖怪って面白い・・・。

安藤先生の研究室出身のOさん、いきものが大好きでちょっぴり人より手が遅いKさん、コーヒーを飲みながらムササビの話を聞かせてくれたIさん、みなさん試験頑張ってくださいね。

14歳という高齢のシンリンオオカミのサスケ、この日は日陰でずっと眠っていたのですが、立ち上がるのもよろけてしまうほど足腰が弱くなっているのだそう。

「この夏、無事に越せるかな・・・」

石原園長がボソっとつぶやいていました。
これまでの人生を日本の動物園に貢献してきてくれた「サスケ」、どうぞみなさまファミリーパークへ会いに行ってみてください、本当に美しいオオカミでした。

その後は、熊谷さん、山本名誉園長、石原園長、M飼育課長と夜の町へ。
そのまた次の日はムササビ仲間のIさんとおRとの楽しくて美味しすぎる魚津。
この部分はもうほとんど自慢話なので写真だけにして、また次回。

IMG_0058
(富山2軒目にて)

IMG_0067
(冬来たらもっとすごいわよ〜とママ。世界一美味しい魚津)


今回お会いしたみなさん、本当に素晴らしい旅となりました、ありがとうございました!!!











2017年03月23日

IMG_0756


ついにシンポジウムが終わってしまいました。
1日目は東京都美術館での先生方の講演、2日目はアクアマリンふくしまでのエクスカーション、そして3日目には先生方とプライベートで猪苗代カワセミ水族館と、なんとも濃い3日間を過ごしてきました。

NHKの小林ディレクター、ニホンカワウソはもう絶滅してしまったこと、けれども韓国ではカワウソが復活していること、そしてそのカギを番組で伝えました。講演では番組を見た男の子から送られた手紙が紹介されました。

「ぼくはカワウソをたすけたいです。どうすればいいですか?おねがいします、おしえてください 。」


安藤先生はカワウソを助けられなかった多くの理由の中に「知識不足」「保護対策の欠落」を挙げていました。議論をし、合意を得て対策を確立させるまでには多くの時間がかかると。被害が目に見えてから議論を始めていてはもう間に合わないのです。


会場で配ったアンケート、なんと9割の方が何らかのコメントを書いてくださったそうです。一部だけでしたが私も読ませていただきました、その中にあったコメント。

「私も保全活動をしたいと思いました。それには何から始めればいいでしょうか。」

カワウソに限らず、保全というのは始めようと思って出来る種類のものではありません。ゴールがわからないまま始めればきっと飽きてしまうか、誰かに丸投げになってしまうかもしれません。
保全の本質、それは相手のことを好きになり、相手をよく知ることだと思うのです。

自治体がたくさんのお金を使ってもアライグマやハクビシンは減りません。多くの人は目の前にいるそのいきものがアライなのかタヌキなのかハクビなのかがわかりません。
小学校では「生態系」や「生物多様性」といった一番の基礎となるはずの教育が行われていません。

虫でも鳥でも魚でもいいのです、もちろんカワウソでも。たった1種だけでも本気で大好きになれるいきものを見つけてみてください。そしてそのいきものがどんなことをしたら悲しむか、どんなことをしたら喜ぶかを調べてみてください、そしてその環境を共有してください。
いつかきっと生物多様性の輪廻に沿って、必ず絶滅したニホンカワウソにたどり着けるはずです。

IMG_0776
(カワセミ水族館で暮らすチロル)


読んでいただきありがとうございました。

 

2017年02月24日

IMG_0723
(テンジクネズミのひな壇。オールおしり。)

智光山公園こども動物園へ。
始めてお会いすることが出来たN園長にお話を聞きながら園内を回りました。N園長、すごいパワーのある方でした。

「どうよ〜!」

と連れて行ってもらったこのひな壇。園長の思いがこちら↓

IMG_0724

かっこよくないですか?このメッセージ!!
人間の身代わりとなってきた動物たち、言葉にすれば少しキツくなってしまいそうな現実をこんな展示で優しく楽しく伝えられる発想がすごいと思います。

久しぶりにお会いした20年勤務しているFさん、N園長がこちらへ移動となってからやっと念願だったというホタル飼育の担当に変わっていました。やりましたね!

IMG_0729

ホタルの展示施設をいちから作り直しているそうで、速さの違う流れをあちらとこちらに作り、湿地を作り、池を作りと、砂利を1トン運び込んだそうなのですが、すっかり生態系が出来上がっていて、もう愛情の入れようがすごい。
きっと前世はビーバーだったのだと思います。

智光山公園こども動物園、今後ますます面白い展示に変わっていきそうな予感がビシビシ伝わりました。
写真はないのですが、リスの展示がとても素晴らしかったです。
いきものを人に伝えようとする人には、愛情と感性、そしてパワーがあるのだと、知りました。
ちゃんとビジョンを持っている人はブレないのですね。
Iさんに会えなくて残念でしたが、スタッフのみなさんありがとうございました!
 

2016年09月29日

image
(なんて美しいお尻!)

これまでズーラシアで働く方々と飯能や青梅の森を歩いたことはあったのですが、ズーラシアへ行くのは今回が初めてでとても楽しみにしていました。

まずはオカピの毛皮の美しさにウットリしてからサバンナコーナーへ。
4種混合飼育とは聞いていたけれど、実際に見るとすごい迫力。エランド、キリン、シマウマ、そしてチーターが同じフィールドで過ごしています。さすがTさんのお仕事!そしておめでとうございます!!

image

日本のコーナーはやっぱりホッとします。
本土のキツネはやっぱりカッコイイとつくづく思うものです。耳の形、脚の長さ、尻尾のボリューム感。
昔の人がキツネは「妖艶な美女」に化けると思うのも無理はないようです。だらしのない男はコロっと騙されてしまいそう。

初ズーラシアで浮かれてしまいましたが、メインは打ち合わせ。
10月23日に熊谷さとしさんのワークショップが行われますが、小学生3〜6年生限定!!
肉食動物や草食動物の頭骨を使って「食べる」というテーマで面白く動物や自分の体の仕組みがわかってしまう企画です。

「残念!」と思った大人のみなさま、大丈夫。保護者に混じって周りで見ることは出来ます、野外なので(笑)
参加したい小学生は直接ズーラシアへお申し込みください。
http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/details/post-182.php



 

2016年02月19日

IMG_0151


先日、飯能で保護されたムササビ「サビ」に会いに行ってきました。
今は動物園のなかよしコーナーでブタや七面鳥たちと暮らしています。
この日は担当のNさんが休みにもかかわらずスタッフジャンパーを着て出てきてくれて、サビをグリグリ触りまくらせて頂きました。
飯能に何度も足を運んで野生のムササビをちゃんと見ているNさんなので、「最近すこしづつ飛べるようになりました!」と聞いた時、担当がNさんで本当に良かったー!と思いました。
サビは2メートルほどの滑空をみせてくれたのですが、短い距離でもちゃんと両腕両足をいっぱいに広げて飛んでくれました。あのコーナーにいる誰よりも一番カッコ良かったサビ。さすが日本が誇る野生動物です!
と、疲れたのか管理棟まで地面を猛ダッシュで逃走していきました(笑)また会いにいきますよ〜!


image
(今にも喋りだしそうな表情のマヌルネコ)

image
(フタユビナマケモノの親子は夏までに完成する施設で綱渡りをしてくれます)

image
(コアラの手は木登りに適して2指と3指が離れています、ハクビの足にも通じると思いました)

image
(獣医のゴリくんが育てたヤブイヌ、その名はゴリ子)

image
(ムササビの瞳孔が丸いことを発見!)

Iさん、Nさん、Gくん、コアラ舎のみなさん、お仕事中、お休み中ありがとうございましたー!!