ツキノワグマ

2016年10月24日

IMG_0543

昨日10月23日、隣の青梅市では2頭のツキノワグマが殺されました。
数日前から何件かの目撃情報があったそうで、写真の左奥に見える宿泊施設の従業員や客からも「河原をクマが歩いていた」との情報があったそうです。

投稿された映像を見ると、クマが射殺されたと知った周りの見物人たちの「よかったー!!!」という歓声が聞こえました。

クマは何も悪いことはしていない。
人身事故が起きてしまったのなら、それは射殺という選択肢もあるかもしれません。
けれども、「クマは人を襲うかもしれないから殺す」 というのは対策なのでしょうか。

森は知りたいと思えばたくさんの情報を教えてくれます、それもずっと未来のことまでもです。
そこに耳を傾けずにただただ怯えて殺し続けるのは、そろそろ終わりにしてはもらえないものでしょうか。

IMG_0541
(クマが搬出された道には血痕が続いていました)