ムササビ

2017年04月03日

晴れて気持ちのいい今日は、昼からN寺ムササビたちのお宅をチェックに出かけてきました。
駐車場に着くなり、造園のおじさんが遠くから手を降ってくれます。

「今日は休みか〜?」

「うーん!ムササビたちに子供が産まれているか、みーにーきーたーよ〜!」

これだけでおじさんたちは私が何を始めるのか分かってくれています。

「お墓に、ニホンミツバチいるぞー!」

これは、養蜂家の魔法使いMさんに「知らせろ」の合図です。

「墓地に巣を作れば、苦情が出る前に殺虫剤をかけなければならない、ミツバチだって気の毒だ」

というおじさんの気持ちは本当に美しいと思います。
電話をして5分とたたない内にMさんが軽トラを飛ばしてやってきてくれました。
さすが魔法使い、明日の朝イチで作業に来てくれるそう。

さて巣箱のチェック。
境内の3つの巣箱はあるメスが縄張り内に治めているようで、いつも1箇所にしか入っていないのですが、今日は珍しく2箇所にムササビがいました。

駐車場
(おそらくこのムササビが新参者。駐車場巣にて)

起こしてしまいました、ごめんね!!
やっぱり夜に来ないと子供の確認は難しいようです。

山頂へ登ると、この時期日本へ渡って来るタカを観察していたカンちゃんと久しぶりの再会。
カンちゃんは私が小学校の頃から知っている近所の優しいお兄ちゃん。
先程まで私がムササビの食痕を探していた場所で、ふと羽を拾い上げました。

「フクロウの胸の羽だよ」

食痕ばかりを考えていたのか、全然気が付きませんでした。

「同じポイントなのに見ているものがそれぞれ違うんだね」

そう、これが多様性なのですよね。。。

IMG_0819
(今日見つけた食痕、コナラの春芽、この他マツグミもありました)

駐車場へ戻り車のエンジンをかけると、待っていたようにおじさんたちが小屋から顔を出しました。

「どうだったー子供!」

と言ったおじさんはいつもは「俺、動物興味ねぇもん」と言っています。それは子供の頃からさんざん飯能の自然に慣れ親しんだおじさんだからこその言葉なのは想像できます。
巣箱を掛けてからは、「今日はどこに入った?」「こないだ顔だしてたぞー」などと聞かせてくれます。

みんながみんな、自然に興味を持っていなくてもいいのです。
ただ、「この巣箱はあの人が思いを込めて掛けたものだから」とか「この巣木を伐ったらあの人が悲しむだろうな」と思ってくれるこの地元の人々、私にとっては、今日登場したこんな人々こそが、飯能の宝なのです。












 

2017年03月31日

_DSC0022
(青梅の森に棲むメスのムササビ、ブースカ)

1月10日に交尾が確認できたブースカ、ムササビの妊娠期間は74日とのことなので、出産予定日は3月25日前後だと予想していました。 

25日はいつものように日没後、外へ出かけていきました。
26日、雨が降っていました。ブースカは巣箱から一度、顔は出したものの出かける様子を見届けることはできませんでした。
27日、28日、30日、巣箱内に居ることは分かっていたのですが、とうとうブースカは顔も出さず終い。仕掛けてきたセンサーカメラにも出かける様子は写っていませんでした。

そして今日、ブースカの巣箱へ近づくと、中から声が聞こえてきます。

「くぅー、くぅくぅー」

アカガエルの繁殖期に聞こえるような声に似ています。

「チュバッ」という音も聞こえてきます。

けれどもすぐに聞こえなくなって、 1時間くらい待つとまた聞こえてきます。
ブースカは見事にお母さんになったのかもしれません。

音だけで想像するに、お乳をねだる「くぅー」という声、乳首を探して唇をならす「チュバ」という音なのではないかと、そんな気がしています。

今夜は雨、そして明日もまだ気温の低い夜が続きます。ブースカはまだ毛の生え揃っていない我が子を温め、授乳をし続けなければいけません。

雨が入り込まないだろうか、巣材は十分だろうか、ブースカはちゃんと栄養を蓄えることが出来ただろうか。
今日からは嬉しい心配事でそわそわの毎日になりそうです。 

2017年02月15日

私はもともと植物の名前をほとんど知りません。だから、今私が知っている木の名前はほぼムササビから教わったものです。食痕を拾っては「これは何の木なのだ??」などと調べるのはなかなか楽しいものです。

その中に以前からずーっと何の植物なのか分からなかった食痕がありました。それがこちら。

IMG_0701
(葉より下部分を齧った痕があります)

こちらの食痕、いつもモミの木の下で拾うのですが、どう見てもモミではありません。
よく見ると、どうやら葉より下の方の小さな実を食べているようです。

IMG_0704
(コショウの粒のような実)

この植物の名は「マツグミ」。針葉樹に寄生する植物なのだそう、その実はガムのような食感なのだとか。
津久井でムササビを見ているSさんが教えてくれました。(お誕生日おめでとう!)
またまた1つ、ムササビのことを知ることが出来た嬉しい情報でした、すっきり!!

今日見つけたムササビたちの食痕です。

IMG_0032
(TK神社ではシラカシの冬芽、散らばっているのは蕾の残骸)

IMG_0707
(N寺、こちらはアラカシに似ていてどうも違うよう。これも宿題。葉っぱを食べています)

IMG_0667
(NK神社、アラカシの葉、冬芽、スギの花を食べています)













2017年01月10日

_DSC0003
(努力が実った花婿どの)

ブースカの周りで起こった繁殖活動ですが、7日目の今夜17:12に交尾が確認できました!感無量です!
何よりも嬉しかったのは、ムササビにどっぷりと恋をしてムササビを大事に思う人々とこの夜を共有できたこと。宝です!

ブーと婿
(恋が実る5秒前。Tさん撮影)

ブースカはお婿さんが屋根に居るのを承知で巣箱を出ました。そしてもつれつつ、10メートルほど登ったところで婿さんがブースカの腰を捉えました。10秒ほどでしたが、長い尻尾がペコペコペコペコ。思わず「おめでとうーーー!!」の声が漏れます。
その後ブースカが先に滑空、まだ足りないのか婿さんも滑空でブースカを追って森へ消えていきました。

今夜は熊谷さんとTさんがカメラ3台を構えて臨んでいたので、私は安心して動画に集中していました。C姐は照明さんを務めてくれ、4人の呼吸はバッチリとムササビリズムを刻んでいました。最高です。

熊谷さんとTさんは今頃、ブログに写真を上げているかな?リンク集で辿ってみてくださいね。

とにかく、おめでとう花婿さん、報われましたね!
ブースカ、春になったら私がタヌキにもらったカキのタネを植えときます。私たちがもっと森に理解を示せるようになる日まで、どうか青梅の血を繋いでいてください!!











 

2017年01月08日

今夜は冷たい雨でした。傘とライトとカメラを持っての観察は私の初体験。
けれども恋するムササビたちには雨なんてお構いなしのようです。

16:45、昨夜と同じ巣箱からオスが出巣、まずはフンをしながら身支度。その間もオスの眼はブースカ巣箱をじっと見つめています。
そして今夜もブースカのもとへ。

_DSC0005
(尻尾を頭にのせて傘代わりにしています)

最初は昨日と同じく屋根で足を使ってノックをしていましたが、近くで別のムササビが啼きはじめました。するとこちらのオスはするりと木を登り、別のオスを追い払いに行くのかと思ったら、ちょうどいい高さの所で止まり動かなくなりました。まるで見張り台に立ってブースカの警護をしているようです。

_DSC0014
(審査委員長ブースカ、今夜は早めの顔出し)

17:05、ブースカが顔を出しました。
これまではブースカの出巣は17:20〜18:00と遅めだったので、今夜は随分と早いようです。
ブースカは心を決めたのでしょうか。

ブースカは巣箱を出ると木を登り始めました、その先には見張り台のオス。
ブースカは見張り台を避け、横へ伸びる枝へ行き立ち止まりました。にじにじとオスが近寄ってきます。「来るか?始まるのか??もうちょっと待たないか??」

ぎりぎりまでオスを引き寄せ、ブースカは30メートルほど滑空、オスも追います。
そしてまたそこでもオスをぎりぎりまで待ち、滑空。そんなことを繰り返し、森の奥へ消えてしまいました。
・・・まるで波打ち際で初デートを楽しむ昭和のカップルのよう・・・。

雨が本降りだったこともあり、樹上のショットは1枚も撮れませんでした。
ブースカの交尾は今夜だったのでしょうか。これまで逃げ続けていたブースカとは少し違うようです。
明日も向かいの巣箱にオスが寝ているといいのですが。