ゴルフ場に棲むいきものたち

2018年02月05日

6358C7FD-C9DE-425F-8F9B-2BB40D8E13A2

みなさまご無沙汰してしまいました、今年もよろしくお願いします。
飯能は今年二度目の雪が降りました、二週続けての雪だったのでゴルフ場はオープン出来ずに毎日みんなで雪かきをしています。

雪が降った次の日の楽しみは何と言っても「足跡」です。
上の写真、藪の方からこちらへノウサギが向かってきています、足跡を遡って向こうの藪を調べてみると、

0BB547DE-084A-4E6F-ACF6-B872F8CAA7BB
6FD89D00-886E-42AE-8791-D75D497806EC

こんなカラカラの枝を食べていました。
一緒にやってきた同僚たちは

「ウサギってこんなの食べんの?草とか食べんじゃないの??」 というけれど

「冬のゴルフ場でほうれん草やニンジンみたいな草見たことある?まして雪だぞ」

こう言えばみんな「それもそうだわ〜、美味しくなくても食べなきゃねぇ」と納得です、いきものたちは知恵を絞ってなんとか冬を乗り越えようと生きています。

E3E71E52-566A-4E19-ADAC-8356F676F98E

ノウサギの「赤ション」を見つけました。発情を迎えたメスが出すのだそうで、血色というよりも鮮やかなオレンジ色をしています。この食料に乏しい季節、おそらく行動範囲も広くなるのでしょう、きっとゴルフ場でならオスとの出会いもたくさんあることと思います、春が明ける頃、仔ウサギに会えると嬉しいです。

DAABB5A6-488C-4DBD-9D0B-315BFECF0E79
「きゃーなにこれ!!なんでカート道歩いてんのー!!!」

タヌキがカート道を歩いていました。私たち人間もまっさらな新雪の上を歩くより、踏み固められたところや車のワダチを歩きたくなるもの、もちろんタヌキだってカート道を歩くほうが楽なことくらいとっくに知り得ているのです。

6DB68090-2A89-4BF0-A378-9018E611714E

この後、カート道から池へ降りていきました、雪の中でも水を飲みに来るのですね。

7BB83767-18BF-43A2-92AF-2E73746FC412

池の畔にモグラ塚、モグラに雪の知らせが届くのは、雪が溶ける頃なのでしょうか。


今回観察出来た足跡は、キツネ2回、テン4回、アライグマ3回、タヌキとノウサギはたくさんでした。
同僚たちの感想は「こんなにたくさん棲んでるなんて想像もしてなかった!!」とのこと。
連日の雪かきで身体中痛すぎるけれど、これまで見向きもされなかった足跡が、ほんの少しの解説を加えるだけでこんなにも伝わるんだな〜と思うことが出来ました、もう一回降ってもいいな〜!

ゴルフ場に棲んでいるみんな、どうもありがとう!

 

2017年09月15日

IMG_0175
(バンカーではテンが2頭で追いかけっこをしていたようです、テンは陽気な足跡が多いです)

久しぶりにリスの目撃情報をもらったので、コース内をぐるりと。
私が働くゴルフ場はたしか東京ドームが2つ半すっぽり入るほどの面積。アカマツがたくさん自生していて、春が来るとマツゼミがにぎやかになります。そのうちの3割ほどがスギとヒノキというリスなら喜んで棲んでくれそうな環境なのですが、広さの割には意外に目撃情報が少ないのがリスでした。

IMG_0173

おーやってるやってる!!マツボックリの食痕が落ちていました。それもすごい量です。
コース内でリスの情報を拾う時は、いつもドサっとたくさんの量で見つかることが多いものですが、それも決まったポイントではなくいつも流動的です。去年のポイントでは全く食痕がなかったり、また全く別の場所に足跡がたくさんあったり。

IMG_0736
(この3月の西8番バンカー)

ただ、リスが現れる場所はいつもマツばかりが生えるところではなく、近くにスギ、ヒノキがまとまって群生しているような場所が多いものです。おそらく、そんなポイントを探していればいつかリスも巣を教えてくれるかもしれません。

日本に今残っている森や山も同じこと、スギ、ヒノキの植林ばかりではそこに棲むいきものたちにとっては不健康に思えます。カキやサクラ、ドングリの実る木、たくさんの樹種があってこそ健全な生態系が成り立つのだと思います。

IMG_0168
(まだ青いヤマグリ、今週末やって来る台風で落ちてしまわないといいのですが)

 

2017年04月06日

IMG_0824


ゴルフ場での仕事を終えてクラブハウスへ戻ると、同僚が私を待っていました。

「4番ホールのOBにタヌキみたいなのが死んでたよ!」

4番のOBといえば電柵沿いなのですが、以前カメラをここへ仕掛けたとき、タヌキやキツネやネズミが多く写ったけもの道なのでした。
私はその時点では、電柵に鼻などが触ってびっくりして気絶していただけなのではないかと考えました。

現場に着くと、確かにタヌキが寂しく横たわっていました。おそらく死んでから3〜4日は経っている様子です。 
死因はなんだろうと考えました。毛並みは綺麗、痩せているわけでもなく、歯は摩耗している様子もない若々しい健康そうなタヌキです。

実は上の写真、私が気の毒に思い、スミレの咲く場所まで運んで撮ったものです。
私が現場に着いてすぐに撮ったのはこちらの写真なのです。

IMG_0823

傍らにゴルフボールがありました。
200メートル以上飛ぶボールが上空から落ちてくれば、バットで殴られるほどの威力は軽くあるだろうと思います。
「まさかなぁ。。。」とも思いましたが、結局、そんなことが起こってしまったのかもしれません。

タヌキは夜に動くいきものだと思われがちですが、人々の目に触れないところで昼間でも行動していたりします。 

IMAG0041

こちらはゴルフ場で子育てをしていたタヌキです。ザリガニをくわえて帰ってきたのですが、この場所から池までは100メートルあります。 午後2時に仕掛けカメラに写っていました。

2016年09月12日

image

この場所を見つけたのは8月のお盆に入る前。
パッティンググリーンの傍にボンボンと庭石がありますが、この左側の石の裏、毎日のようにノウサギがやって来て日中を過ごしています。

image
(ノウサギの姿、わかります?)

こちらは石の裏側、北に面しています。
お尻を石にくっ付けていつもいつもこの体制。きっとここはノウサギにとっての避暑地のようです。
しかも地面に5センチほどの窪みを作っていました。

image


なるほど、ここまでは芝刈り機も来れないしお客さんだって来ようとはしません。背後の敵は石が守ってくれるし、上からの敵はマツの屋根が守ってくれます。
ノウサギは横と前だけを気にすればいいという、優れた避暑地を手に入れたようです。

ノウサギがこの場所へやってくるのは朝の8時から9時の間が多く、カート庫の裏の藪からここまで約70メートルほどをダッシュで一直線に駆け込んで来ます。もちろんその間にはパッティング練習中のお客さんもいるし、カラスたちはいつだって事件を探しています。
それでもノウサギは鋭い耳と俊敏な脚力でタイミングを見極め、毎日のようにこの避暑地へ真っすぐやって来ては夕方までこんな体制で過ごしています。

「今日もいた〜?」
「いたいた!」
「昨日はいなくて寂しかったー」
「雨だったからかね?」

まるで合言葉のように毎日姿を見せてくれるノウサギを楽しみにしている従業員たち。
秋が始まり、気温が30度を越える日々も遠ざかって行きそうです。
あと何日、ここでノウサギに会える日々は続くでしょうか。













2016年06月21日


image

社員食堂の窓でツバメが巣を作り始めてからというもの、従業員のみんなは毎日のようにツバメを見守っていました。泥を口いっぱいに詰めて壁に丁寧に貼り、芝やマツの葉を混ぜ込み補強していく。ヒナが産まれた日はみんなが大喜びでした。

先日の朝早く、私より先に出勤していた同僚たちからメールがきました。
「ツバメが大変!早く来て!!」
「ヒナが地面にいる!どぉしよ〜!」

子育て中の巣が天敵に襲われるのは自然なこと、誰かの「死」は誰かの「生」に繋がっていくものです。
「カラスか?テンだったらいいな」などと思いながら会社に着くと、崩れ落ちた巣の下にダンボールに入った5つのヒナが丸まっていました。
ヒナは当初から5つ子です、どうやら襲われたのではなく、重みで巣が崩れてしまったようです。

同僚たちはダンボールやハサミ、カッターを持ってあたふたあたふた。上ではツバメの両親があっちこっちを飛び回りあたふた。そうしてみんなで作ったツバメ用仮設住宅がこちら。


image
(緑のたぬき!) 

ここは天敵の多いゴルフ場、もし夜間に巣が落ちたのならもう死んでいたかもしれません。

この仮設住宅は同僚の一人がネットで調べて見つけたやり方。こんな容器なら食堂のゴミ箱にいくらでもあります、そしてポケットに入っていたティーでブスブスと底に空気穴をあける人、巣材にと枯れ芝をコースに集めに行く人、ハシゴを借りに管理室まで走る人。
同僚たちの「助けたい」とか「なんとかしたい」という気持ちをどうしても形にしたいと思いました。そういう人々の気持が原点であり、自然と共存できるためのきっかけやヒントにつながるのではないかと思ったからです。

今ではツバメに興味を示さなかった他の人々も食堂へ来るたびに「ヒナ大きくなったね〜」などと話題を交わしています。
どこにでもいる珍しくもないツバメだけれど、この会社の人々にとっては南の国から毎年やって来るこの小さな鳥をとても身近な隣人と感じられるきっかけを与えてくれました。

image

あれから6日、親鳥たちは餌を与える回数を減らし、容器の縁に立ち尽くすヒナたちの前を「ほら、飛んでごらん!」と言っているように旋回したりホバリングを繰り返しています。
さて、ヒナたちにとってはこれからが勝負。
カップ育ちのヒナたち、健闘を祈ります!