ゴルフ場に棲むいきものたち

2016年04月24日

image

1週間ほど前からゴルフ場でノウサギの目撃情報がたくさん集まってくるようになりました。
その場所のほとんどが「カート庫の裏」。
そこは80台のゴルフカートがしまわれている場所で、お客さんが来ないところなので周りのブッシュは手付かずのままなのです。

今朝も出勤するなり「たった今、カート庫に3匹いたー!子供が2匹と母親だよあれ!」
子供のウサギは手に乗るほどの大きさだったとか。もちろんダッシュでカート庫へ。 
とは言えノウサギの体色は天才的なほどの保護色、そう簡単には見つかりません。
と、私が危険距離まで近づいてしまったようで「ガサッ」と成獣のノウサギがブッシュに飛び込む後ろ姿が見えました。
これが母親なのだとしたらこれ以上近づくのはよそう、自分の子供が危険に晒される悲しみは人間だってノウサギだって全く同じ重さなのだと思います。

image
(この中にノウサギがいるのがわかるでしょうか)

仕事が終わりカートを洗ってカート庫へしまいに行くと、またまたノウサギに会えてしまいました!(トップの写真)
今朝に出会ったノウサギとは大きさが違うので別個体のようです、それに今朝の個体は5メートルほどの距離で逃げましたが、この個体は3メートルまで許してくれました。私より草を食べるのに夢中のようで「むしゃむしゃ」とアケビの葉を食べ続けているのを10分ほど観察させてもらっていると、同僚が私を呼びに来ました。

「練習場にウサギがいるよ!!」

こんなに見れていいのでしょうか。。。。。。。。こんなに見たらもう会えないかも。。。。。。。
とりあえず練習場へ行ってみると、もうノウサギは消えていました。ちょっと安心。

image
(ひとしきり食べるとペロっとします、ノウサギの舌って結構長いのだと知りました)

たくさんの目で私にいきもの情報をくれる同僚たちに感謝です、そしてノウサギからの贈り物も。

image

コースガイドに書き込んだ目撃ポイント。
「う」=ノウサギ
「ポ」=タヌキ
「アナ」=アナグマ
三角の物体=鉄塔(のつもり)


 

2015年11月20日

_DSC0006


ムササビを探して神社を歩いていると、参道脇の側溝からタヌキがポコッと頭を出しました。
悔しいことに、側溝のタヌキを撮りたかったのですがなかなかピントを合わせられず 、私に気付いたタヌキが側溝を出て山の斜面を登っていくところを撮らせてもらいました。

側溝は街のあちらこちらでどこにでも見かけるものですが、案外動物たちはこれを使って移動していることが多いようです。落ち葉の溜まった側溝からはヒミズが顔を出したこともあります。
ゴルフ場では土中に何箇所も水抜き用の土管が埋められていて、アナグマ、タヌキ、イタチ、アライグマたちの生活道路や棲み処になっています。

IMG_0384
(ゴルフ場の土管から出てきたアナグマ)

確かに、狭い土管や側溝のトンネルは誰にも見つからず安心して森から街へ出かけることができそうです。
せっかくこんな習性があることをかれらに教わったのだから、私たちにだってなにができるのか、そこから考えなければいきものたちの世界と人間の世界はこれからも真っ二つのままです。

動物たちの横断する道路は大抵決まっていて、当然事故も多いものです。ならば道路を渡れないようにフェンスを貼り、道路の下に土管を埋めれば、たったそれだけでも相当の事故が減るのではないかと思います。

年度末になれば誰もが知っている無駄な道路工事が各地で行われます。
その予算、無駄にはならない工事だって沢山あるはずです。
 

2015年07月29日

IMG_0487
IMG_0501

IMG_0506


ゴルフ場のノウサギです。
ノウサギを見るたびに「いつ見てもおっきいね、後ろ足」と思います。
後ろ足が大きいということはジャンプ能力が高いということになります、カンガルーもそうですね。
3枚目の写真なんて、まさに「位置について、よ〜い」の姿勢に見えます。
こうしてノウサギはいつでも逃げる準備を万全にしています。

ジャンプ能力が高いといえば、シカも負けていません。
かれらは人間の背丈ほどでも飛び越えることが出来ます。
「でもシカは足が小さいよ?」と思った方もいるのでは。
確かに、シカの足跡を見ると蹄のサイズはせいぜい10センチくらいです。
けれども足のサイズは指先からかかとまでを測るもの。
さて、シカのかかとはどこでしょう。

BlogPaint

これなら納得です。
この立派な後ろ足でシカたちは日々、猟犬や野犬と勝負しているのです。

 

2015年05月17日

BlogPaint


(藪のなかに誰かいます)

コース内のお茶屋でお客さんがビールを飲んでいる間の3分間ほどの休憩時間、藪のなかからモゾモゾと音がします。もしも鳥ならもっと軽いカサコソッという音です。
じーっと見れば、茶色いお尻がモゾモゾ。

「よし、顔見せて!」

携帯をカメラモードにして顔を隠しながらニジニジと近づいていきます。2メートルほどまで来たところで相手が二度ジャンプで後ろへ退きました。 

「ごめん、近すぎましたね」

相手は脚力と聴力には相当な自信をもっているであろうツワモノ。
それなのにきっとキツネなんてものすごくスマートな駆け引きでこのいきものを仕留めてしまうのだろうと思うと、・・・なんとも痛快な3分間でした。
 

2015年04月09日

 IMG_0288 

ゴルフ場の敷地内にある大きな桜の下には「山の神様」が祀られているのですが、その脇にちょこんといる石仏が気になります。

この方は将軍様なのだそうですが、イノシシにまたがっています。
どんな関係だったのかは今となっては誰にもわかりません。ただ、古来の飯能人は牛でも馬でもなく(もちろん生活には使っていただろうけれど)、ちゃんと山との信頼関係があったのだろうな〜と勝手に想像します。
今ではイノシシと聞けば誰もが顔をしかめる厄介者・・・。

森でのイノシシの役割といえば、大きな石でも動かせる力持ちのあの鼻先で森じゅうの土をひっくり返し、土の中に棲んでいる微生物たちに新鮮な空気をあげること。イノシシのおかげで土壌生物たちは活性し、土が元気になり、植物はぐんぐん育ち、生命力の強い森が出来上がります。
イノシシが悪者なのか、それとも働き者なのかを決められるのはきっと森の神様だけなのだと思います。


<追記>
その後、調べてみるとこれは「摩利支天」というものだとか。イノシシにまたがっている姿で知っている人にはすぐ分かるそうですが・・・、いくつになっても勉強だ!
元々はインドの神様だったものが朝鮮半島を経由して日本にやってきた信仰なのだそうです。
なるほどこの飯能とお隣の日高は古来朝鮮渡来人が切り開いた「武蔵国高麗郡」の歴史のある場所です。
おかげでまた一つアタマが良くなったみたい?